キャンペーンは終了しました。引き続き、通常販売価格でご購入いただけます。

1通の極秘文書が暴いた…GHQによる日本破壊工作

「GHQ焚書アーカイブス」とは?

GHQ焚書アーカイブスは、戦後GHQによって密かに没収・廃棄されていた書物、あるいは歴史の闇に埋もれてしまった絶版本や重要資料を解読し、動画講義としてお届けしていく会員制サービスです。毎月、初日に最新動画を配信します。


GHQが焚書した書物は、政治・経済・歴史・軍事・思想・文学など、約7,000冊と膨大な数に及びます。中には解読に深い知識が要求される専門書も多く…また「旧字体」で理解が難しく、むやみに触れれば破れてしまうような、状態の悪い古書も数多く存在します。


そこで、本サービスでは、名だたる大学名誉教授や各分野の一流研究者にご協力いただき、各専門分野に応じた書物を選定。旧字体で読みづらく、ボロボロの状態の書物を丁寧に読み解いて、分かりやすく解説して頂きます。


毎月様々な書物をテーマに、GHQに消された歴史・奪われた日本の魂を学んでいくことで、、明治維新から大東亜戦争まで、100年にわたる激動の時代を生きた先人たちが、本当は何を考えていたのか? どんな覚悟で戦争に立ち向かったのか? その想いが少しずつ見えてきて、戦後失われた歴史の真実はもちろんのこと… 日本人が本来持っていた「心」「アイデンティティ」のピースも埋めることができるでしょう。毎月の講義を聞くごとに、きっとそのパズルは完成へと近付いていくはずです。

壮大な歴史復刻プロジェクト

1946 年3月17日。日本を占領した GHQ は、戦前まで刊行されていた大量の書物を、全国各地から“没収・廃棄”するよう日本政府に命令。日本国民の目に触れないように「文部省」や各都道府県の「警察」を使って、秘密裏に書物を没収させました。

(*GHQ焚書に関する資料:GHQが日本政府に届けた覚書)

こうして誰も気付かないまま、多くの書物が戦後の日本から忽然と姿を消しました。その数、7,796冊。それらの書物には、日米開戦における“米英”の戦略・暗躍を見抜いた学術書。満洲事変勃発の真相を紐解き、 満洲をめぐる各国の謀略を分析した研究など、GHQ が戦後の日本人には読ませたくなかった、戦勝国にとって都合の悪い書物が数多く含まれていました。


他にも、支那事変の最前線にのぞむ日本兵が壮絶な日々を赤裸々に綴った手記や、明治の志士たちを動かし、近代日本の原動力を生んだ“秘密の学問”。日本人の“道徳観”を教えるための教科書・思想書など、日本人としての生き方や叡智が凝縮された書物も多数ありました。


まさに戦前日本の“叡智の結晶”とも言える貴重な書物がGHQに奪われたのです。このように書物を消し去り、歴史を奪う行為を『焚書(ふんしょ) 』と呼びます(秦の始皇帝が行った「焚書坑儒」に由来します)。これは国際法でも「違反」と定められる犯罪的行為であり、戦後GHQはここ日本で、その犯罪行為を実行していたのです。


現在、約7,000冊のGHQ焚書図書のうち、復刻されたものはわずか数十冊。膨大な書物がいまだに国会図書館や古書店などに眠ったまま手付かずの状態です。というのも、焚書図書の研究は容易ではないからです。国会図書館にある書物でさえ貸し出しは自由ではなく、コピーも限定付き。それでいて個人では手に負えないほどの秘蔵量なのです。


さらに書物の内容は難しく、書店で売るにはマニアック過ぎるため、多くの出版社が「焚書の復刻」を敬遠しているようです(事実、過去に複数の出版社やメディアが復刻に挑みましたが、どちらも途中で頓挫しています)。どこかの出版社が本気で「復刻」に取り組まなければ、これらの書物は永遠に日本人に読まれないまま、記憶から消されていくでしょう。


先人が残してくれた叡智を、魂を、後世に繋がなければならない... そんな想いから、「先人の叡智を未来へと受け継ぐ」をミッションに掲げる『ルネサンス』を運営する弊社ダイレクト出版は、大掛かりなプロジェクトを始めることにしました。それが、この『GHQ焚書アーカイブス』という会員制サービスです。入手困難なボロボロの状態の「GHQ焚書図書」を発掘し、一流の専門家に読み解いて頂き、わかりやすい動画講義の形で後世へと残していくプロジェクトです。


そして、このサービスを長く販売して、ビジネスにすることで、得られた資金を元手に順次、焚書図書を復刻していきます。もし新たな復刻本が完成すれば、GHQ焚書アーカイブスの会員様には、特別価格でご提供いたします。つまり、本会員になれば、ただ講義を学ぶだけでなく、参加することによって焚書図書の復刻に貢献できる…「社会的意義の高い活動」に貢献できるサービスとなっています。

GHQ焚書アーカイブス3つの特徴

1

GHQが没収した“焚書”を1冊ずつ解説

毎月の講義は、戦後GHQに没収・廃棄された「焚書図書」をもとに解説します(例外的に焚書以外の書物を取りあげることもあります)。


なぜGHQはこれらの膨大な書物を焚書したのか? その理由は明白です。戦勝国が日本人には知られたくなかった不都合な事実が記されていたからです。西洋列強の国々と肩を並べた「戦前日本の強さの秘密」が書かれていたからです。


つまり、GHQが消し去った書物には、歴史の空白を埋める「ピース」が残されているはず。それら戦前の日本人が残してくれた“叡智の結晶”を一つ一つ読み解き、先人たちの考えや想いを学ぶことで、これまで学校教育でも、メディアの報道でも聞いたことのなかった「本当の日本の歴史」が浮かび上がります。

2

各分野に精通する一流の講師陣

本サービスの講師にはただの言論人はお呼びしません。すでに多くの実績を残された大学名誉教授や、各専門分野で高く評価される一流の研究者のみをお招きします。今回、田中英道先生が“代表理事”を務める『日本国史学会』にご協力いただき、信頼のおける研究者を紹介していただけることになりました。


各専門分野に精通する一流の講師が、当時の時代背景を踏まえて、ビデオで分かりやすく解説してくれるので、自分一人で読んでも理解できないような難しい書物でも、すんなりと内容をつかむことができます。そして、ただ解説するだけでなく、プロの視点による深い洞察・解釈も教えてくれるので、自分で本を読むだけでは到底辿り着けないような深い学びを得ることができるでしょう。

現代に活きる歴史の教訓が学べる

3

驚くことに焚書図書には、現代日本の政治や外交にそのまま活かせるような「歴史の教訓」が数多く残されています。


例えば、よく「日本は無謀な戦争をした」と言われます。しかし、焚書図書を読み解くと、当時の日本人は、鉄や石油の備蓄量などを分析し、日米大戦の情勢を非常に冷静に見ていたことが分かります。また、米国の背後には英国やユダヤの金融資本が暗躍していたこと。日中戦争を連合国が背後で操っていたことなど、、各国の動向を鋭く見抜いていた事実も確認できます。


このような書物から「先人の優れた知恵」を学ぶことができれば、きっと現代の日本は、今よりもうまく舵取りできるようになるはずです。逆に、もし誰も学ばなければ、我々は同じ過ちを永遠に繰り返すことになるでしょう。毎月の講義には“歴史の教訓”や“生き方のヒント”が満ち溢れています。

なぜ「GHQ焚書アーカイブス」を売るのか?

このような歴史の講座を売ると、少なからず「商売なのか」と言う声をもらいます。 答えはもちろん商売です。というよりもあえて「ビジネスにしています」。なぜか? 理由は簡単です。どのようなことであっても、慈善活動では社会に大きなインパクトを与える事はできないからです。いま社会を動かしているのは明らかに経済であり、つまり主体は商売、ビジネスです。


「慈善活動では何も変わりません」

過去に複数の出版社やメディアが復刻に挑みましたが、どちらも途中で頓挫しています。ビジネスにする事によって優秀な人材を集めることができ、広告を出すことで、世の中に最高の知識を一気に広げることができるとわれわれは信じています。そして、そこで生まれた利益によって、合計7,000冊にも及ぶ膨大な「GHQ焚書図書」の復刻作業に、継続的に投資をしていくことができます。


例えば、このようなサービスを無料で提供することもできると思いますが、そのような方法では結局、資金繰りで苦しみ、貴重な歴史を発掘するという価値の高いプロジェクトを継続させることはできないでしょう。


ビジネスであるからこそ、一流の学者たちをも巻き込んで「GHQ焚書図書」を復刻させる、難易度の高い活動にも継続的に挑むことができ、それによって、これまで日本のわれわれには知らされることがなかった”ありのままの真実”を、日本国民の元へと確実に届けていくことができるのです。それこそが、このプロジェクトの使命であり、われわれの信念です。


事実、このサービスを販売する事によって得られる利益のほとんどは、「GHQ焚書図書」の復刻プロジェクトに使われます。特に重要度の高い書物から順に、復刻していく予定です。 あまりに膨大な書物があるため、なかなかすぐには進みませんが、このサービスを販売し続けることによって、優秀な編集者を多く集めることができます。そして、より早く、より高いクオリティで編集作業を進め、GHQに奪われた書物を蘇らせることができるようになります。


つまり、この「GHQ焚書アーカイブス」の会員になったあなたは、もはやこの壮大なプロジェクトの一員。日本にとって非常に意義のあるプロジェクトに多大な貢献をしていると言っても過言ではないでしょう…

価格

1日あたりたったの96円...

缶コーヒーより安い価格で、真実にアクセスできます

毎月一流の研究者が「GHQに消し去られた日本の歴史」を一冊ずつ解説してくれるサービス… これはあなたにとって、どのくらいの価値がありますか?


GHQ焚書アーカイブスは、入手困難なボロボロの状態の書物を一つ一つ読み解き、一流の研究者による「講義アーカイブス」として受け取れるサービスです。(焚書図書の解読は一般の素人が行おうとすると途方もなく時間がかかります)


毎月の講師の講義を大学で受けようと思えば、国立大学では4年間で約243万円ほど(私立大学なら400万円ほど)の学費がかかります。しかし、『GHQ焚書アーカイブス』の会員価格は、月額 2,980円(税抜)です。1日に換算すればたったの96円ほど。缶コーヒー1本よりも安い価格じゃないでしょうか?


毎日飲んでいる飲み物よりも安い値段で、日本人として真に誇りが持てる。生き方の軸を取り戻すことができ、毎日がもっと生きがいや希望に満ち溢れたものになる… それはあなたにとって、どのくらいの価値があるでしょうか。

気に入らなければいつでも退会できます

講義の内容は、毎回丁寧に作り込んだものをご提供するので、そのサービスには価格以上の自信があります。


それでも、万が一内容が思っていたものと違う...と感じられた場合は、いつでも退会できます。


(*ただし退会後は、講義アーカイブが見れる会員サイトにはアクセスできなくなるのでご注意ください。)

先人の叡智を後世に繋げる「一大プロジェクト」あなたもその一員になりませんか?

さて、あなたの前には2つの道があります。


ひとつは、真実の歴史を知らずに、これまで通りに生きる道。もしかしたら、GHQに消し去られた書物の内容、戦前の真実を知らずとも、あなたはこれまで通り何不自由なく暮らしていけるかもしれません。


でも、おじいちゃん、おばあちゃん、そして私たちの祖先が残してくれた本当の歴史を知らなければ、自分自身がどうして今ここに存在しているのか… 何のために生きているのか… そういった、日本人としての生きる軸を持つことはできないかもしれません。もしかしたらそれは、仕事がうまくいっても、お金はあっても、自分が何者かが本当の意味で見えてこない、悲しい人生かもしれません…


もうひとつは、戦前の書物から真実を知り、GHQに奪われた日本の歴史を取り戻す道。書物に記された歴史の真実を一つ一つ知ることで、先人たちが何を考え、どんな覚悟で戦争に立ち向かったのか? その想いが少しずつ見えてきて、その凄まじい歴史の歩みに誇らしさを感じることができるでしょう。


戦後、GHQが大量の日本の書物を消し去ったのも、、先人たちが持っていた精神的な強さをとても恐れていたからではないでしょうか。彼らは「二度と強い日本は見たくない」と思い、国の強さの源泉である歴史を奪い去り、魂を抜き、歴史教育を捻じ曲げました…


本サービスで毎月の講義をひとつひとつ見ていくことで、今まで隠されていた真実が明らかになり、、われわれが本来持っていた強さの原点に気付くことができるでしょう。そして、私たちの祖父母たちの本当の姿が浮かび上がり、日本人の本来のあり方・生き方を取り戻すことができるでしょう…


このGHQ焚書アーカイブスは、戦後奪われた日本の歴史を再生させ、それを皆さんとともに、私たち日本人のものにしていこうという取り組みです。ぜひ、あなたも、そんな壮大な歴史復刻のプロジェクトに参加してみませんか?


戦争の経験者が急速に減りつつある今こそ、真実を知り、われわれ自身の手で、子や孫の世代、その先何百年と続く未来の日本人へ、この「美しい日本の歴史」を繋いでいきましょう。


どちらの道も選択するのはあなたです。1人の日本人として、後悔のない人生を歩んでいくための選択をしてください。


大阪府大阪府大阪市中央区安土町2丁目3−13 大阪国際ビルディング13F 

FAX:06-6268-0851

Copyright © ダイレクト出版株式会社. All Rights Reserved.
掲載の情報・画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。「ダイレクト出版」「Direct Publishing」は、ダイレクト出版株式会社の登録商標です。