days
hours
minutes
seconds
00
00
00
00
days
hours
minutes
seconds

特別なご案内は

あと

講座シリーズ「神社で蘇る日本2600年史」は、戦後GHQが神道指令によって葬り去った日本の歴史を、古来よりずっと存在し続ける神社に注目することで蘇らせ、日本建国から2600年もの間、一貫して守り継がれてきた「日本の国のあり方」を解明する講座です。
神社が創建された経緯や、祀られる御祭神、さらには神社で執り行われる祭祀など…500社以上の神社への調査に基づいて、文献には載らなくとも確実に存在した日本文明の足跡を解説します。
日本では偉大な功績を文字として残す文化があまりない代わりに、神社に祀ったり、顕彰碑を建てたりすることでその功績を称え、後世に記憶を残していくという文化が定着していました。
そこで、シリーズ第1巻「古代の英雄」編では、天皇を中心とした国のあり方や、日本人の精神の土台が築かれた、建国〜平安時代までの歴史を取り上げ、戦後から教科書では教えなくなってしまった、しかし、神社では祀られ続ける隠れた英雄たちの姿を蘇らせていきます。
建国以来、日本人が大切にしてきた神道という価値観、そしてそれを形として残した神社から歴史を見つめていくことによって、GHQの神道指令によって奪われてしまった、もう一つの日本の歴史を取り戻すことができるはずです。

第1章:神社から歴史を語る意義とは

第1節 「東京オリンピックと昭和天皇秘史」

"詔書"で紐解く国民と天皇の信頼関係

第2節 「今さら聞けない神社の由来」

“祭祀”とは何か?脈々と続く先人たち信仰心

第3節 「歴史の転換点と日本民族の本能」

明治維新、大化の改新、建武の新政の読み解き方

第4節 「神社に秘められた歴史の尺度」

なぜ近代史専門の久野潤が“日本通史”を語るのか

第2章:神社で辿る日本の起源

第1節 「神社で辿る神武東征の記憶」

2600年の歴史を持つ”日本海軍”の起源

第2節 「春日大社の原点・枚岡神社の御祭神」

皇室を支え続けた藤原氏の秘密

第3節 「”靖国問題”という戦後の錯誤」

国家の英霊を祀り続けた建国以来の伝統

第4節 「問題だらけの歴史教科書」

なぜ神社を教えない?戦後教育が生んだ弊害

第3章:仁徳天皇陵と靖国神社の真実

第1節 「仁徳天皇陵と"法律違反"」

天皇陵を"古墳"と呼んではいけない理由

第2節 「仁徳天皇陵=強制労働はウソ」

国民の生活が第一?貧しい民を救った天皇の秘話

第3節 「靖国神社の本当の役割」

戦後日本から抹消された"英霊への顕彰"とは

第4節 「久野流・新しい歴史の見方」

楠木正成、崇神天皇...神社に秘められた"偉人の隠された勲功"

第4章 神道という文化、仏教という宗教

第1節 「仏教伝来がもたらした日本の危機①」

大豪族同士の対立:神道派・物部氏vs仏教派・蘇我氏

第2節 「仏教伝来がもたらした日本の危機②」

疫病、放火、戦争...大混乱を極めたヤマト王権

第3節 「神道とは何なのか」

歴史学者・久野潤が明かす...神道が宗教ではない理由

第4節 「"日本初の憲法"を作った男」

戦争を防ぐため?聖徳太子が憲法十七条を制定したワケ

第5章:消された英雄たちの功績

第1節 「神になった藤原鎌足」

なぜ神社で祀られるのか?皇室を守ったクーデター事件とは

第2節 「白村江の戦いと近江神宮」

神道指令の前日、なぜ昭和天皇は"近江神宮"に向かったのか

第3節「消された英雄①・大伴部博麻」

偉人で読み解く真実:"生きて虜囚の辱めを受けず"の大嘘とは

第4節 「消された英雄②・和気清麻呂」

戦前なら誰でも知る"10円札の顔"...明治天皇が讃えた偉人の功績

第6章:怨霊信仰とはなにか

第1節 「怨霊とはなにか」

意外に怖いものではない?日本独自の信仰形態とは

第2節 「菅原道真のもう一つの顔」

全国2,000社の天神さまは怨霊だった...信仰が集まるワケ

第3節 「史上最恐と言われた怨霊」

その正体は天皇だった?怨霊になった悲しき歴史

第4節 「明治天皇と怨霊信仰」

700年の時を越えた崇徳天皇の祟りの真実

『神社で蘇る日本2600年史』

3つの違い

1

神社から読み解く歴史の真実

戦後GHQが日本にやってきてから、歴史教科書が大きく書き換えられてしまったように、歴史の見方は時代によって、180度変わってしまうことがあります。


この講座では、天皇と同じように、日本建国から2600年間も変わらず存在してきた神道や神社を中心に歴史を見ていきます。そのため、時代ごとに移りゆくイデオロギーに振り回されず、建国から一貫した日本の歴史を知ることができ、あなたは、先人たちが受け継いできた歴史のバトンを、また次の世代に託す一員となれるでしょう。

2

隠れた日本の偉人を解説

日本では元々、偉大な功績を文字として残す文化があまりない代わりに、神社に祀ったり、顕彰碑を建てたりすることでその功績を称えるという文化が定着していました。

そのため、文献と合わせて、神社から歴史を見ることで、本当に偉大な日本人の姿が見えてきます。

先人たちのどのような努力によって、日本が現在のような平和と繁栄を享受できているのかを知ることができ、あなたはこれまでに以上に、日本人としての誇りを強く実感することができるはずです。

3

オモシロく、深い学び

この講座の講師を務める久野潤先生は、DHCテレビ 虎ノ門ニュースでの解説や、毎月開催している歴史勉強塾の講演で、軽快なトークとその分かりやすさに定評があります。本来は難しい歴史や神社の解説も、久野先生の分かりやすく、オモシロいお話で、楽しく学ぶことができます。


とはいえ、本物の学者による講座なので、中身は研究成果をベースとしており、深い学びを得られることでしょう。

講師紹介

久野 潤(くの じゅん)

歴史学者 / 日本経済大学 准教授

〜日本の国のかたちと伝統を守る〜

歴史学者/日本経済大学 准教授 昭和55年大阪府生まれ。

慶應義塾大学総合政策学部卒業、京都大学大学院法学研究科国際公共政策専攻修了。


学生時代から近代史、特に第一次大戦から第二次大戦の政治外交史を研究。 その中で「日本は昭和の大戦をどうやって戦い抜いたのか?」という疑問から、 大学院時代から戦争経験者への直接取材を独自に開始。 大学院修了から15年が経った今でも取材を続け、これまでに取材した人数は400名を超えた。


また、こうした研究・調査の過程で、靖国神社に対する世間のイメージが、実際の靖国神社の姿とかけ離れていることに強い違和感を抱く。「靖国神社だけでなく、他の神社にも多くの誤解があるのではないか?」との疑問から全国各地の神社を調査。その数は500社以上にのぼる。


「日本の国のかたちと伝統を守る」というミッションを掲げ、歴史研究の最前線で活躍する傍ら、自身も日本の伝統を守る活動に精力的に取り組む。

推薦の声

久野さんの視点は非常に自由な歴史観を持っておられ、しかも足を使って調査研究されている姿をみて、私は優れた歴史家だと思っています。

伝統と現代を結びつけ、自由な研究をする。そして日本の歴史をより豊かに、祖先を評価する。そういう歴史を作るうえで非常に貢献されていると思うんですね。

ぜひ久野さんのお話を聞いていただきたいと思います。

東北大学 名誉教授

田中英道

久野先生は日本近現代史の専門と伺っておりますが、究めて精緻に古代から現代までを把握していらっしゃいます。

その豊富な知識と斬新な切り口から、一般的に知られている見方とは全く違った面から客観的に出来事を分析しておられるため、まるで推理小説を読む様な感覚で歴史の新たな側面を知ることが出来ます。

すでに発掘されていたと思われた事象に新たな光を当てる先生のお話は、何時読んでも刺激的な内容です。

大阪護國神社 宮司

藤江正鎭

特別価格でご提供

本講座は、これまでの研究の集大成として、神社と日本の歴史に関する膨大な知識を体系的にまとめたものです。大学の授業とは異なり、動画なので講義を何度でも見返すことができるという利点があります。

なので、大学の授業料以上の料金も検討しました。


ですが、久野先生の「日本の国のかたちと伝統を守る」というミッションをいち早く実現するためにも、今回は多くの方に手に取ってもらいやすくするため、講座の価格は24,800円(税込27,280円)とさせて頂きました。


しかし今回は、大好評再販キャンペーンとして特別に、12,000円も割引の12,800円(税込14,080円)でお試し頂けるようにしました。

まずは、この機会に、久野先生の研究成果に触れてみてください。 

3つの品質保証 


安心してお試しいただけます

1ヶ月間品質保証2分で解約可能

お申込み後に、まずは講座を御覧ください。もしも、ご視聴頂いて「期待と違ったな」と思われたなら、講座提供から1ヶ月以内であれば、注文を取り消すことができます。注文取り消しのご連絡先は、お申込み時にお送りするメールにかかれていますので、そちらをご参考下さい。

15年間で194.7万人以上が利用

私たちダイレクト・グループでは2021年7月時点、過去15年間で累計194万7,143人のお客様に、このような商品サービスを提供してきました。あなたが初めてではありません。なので安心して試していただけると思います。

91%が満足の顧客サポート48時間以内に対応します

私たちのカスタマーサポートチームは91%のお客様から4つ星以上、うち81%が最高の5つ星の評価を頂いています。実際、休業日を除くと、48時間以内にはほとんどのメールに対応しております。

なので安心して取引いただけると思います。

神社で蘇る日本2600年史

今だけのボーナス特典つき

そして、もしあなたがこのタイミングでお申し込みしてくだされば、講座の内容をより深く味わえる特典講義もセットでご提供します。今回以降は手に入らない可能性もございますので、この機会をお見逃しのないようにご注意ください。

1

【PDFレポート】

テキスト講座

神社で蘇る日本2600年史「古代の英雄」編

「メモを書いたり、自分で書き込みながら受講してみたい」


「動画に登場する図をもっと大きく見たい」 ... 


そういったご要望もあるかと思い、特別に”図版付き”の書き起こし資料もご用意しました。PDFでのご提供なので、ダウンロードができます。印刷をして書き込んで頂くことも出来ますし、動画の横に並べて、補助資料として使って頂くことも出来ます。    


文字だけでなく「図」や「画像資料」も一緒に載せているため、文字だけでなく視覚的にも学んでいただけることでしょう。ぜひご活用ください。

あなたが手に入れるものをまとめると…

敗戦を期に180度変わってしまった日本の歴史を取り戻す

歴史学者・久野先生は、このようにおっしゃいます。

学者や教科書というのは、ある時代を境に主張が180度変わってしまうことがあるのです。

昭和20年の敗戦は、まさにその一例です。

あの時代を境に、この人はすごかった、あの人はすごかったと言われた日本人は、ことごとく歴史から姿を消しました。


ところが、神社だけはそうではないはずです。

神社における人物への評価、歴史に対する評価は、変わることなく今に伝わっています。

重要なのは、歴史上の尺度が一貫して変わらないということです。

世界には190を超える国がありますが、日本が世界最古の国だということは、あまり知られていません。

周りの国々では、建国と滅亡を繰り返す歴史を辿ってきた中、唯一日本だけが、建国から2600年もの間、一貫してその歴史を守り続けてきました。しかし、これだけ尊い歴史は、戦後GHQによって葬り去られ、

戦前までは当たり前のように教えられていたことでさえ、日本人の記憶から次第に消えつつあります…


このままでよいのでしょうか。

本当の日本の歴史を、先人たちが守り抜いた私たちの歴史を、何も知らないうちに生涯を閉じるなんてことは、日本人としてもったいないこと。2600年もの間、一切途切れることなく繋いできた歴史のバトンを、たった一度の敗戦によって次の世代に託せなくなってしまうのは、あまりにもったいないことではないでしょうか。


日本はどのような歴史を歩んできたのか。

どのような先人たちに支えられ、日本は守られてきたのか。


数十年、数百年ほどの歴史しか持たない主義・思想に惑わされず、2600年変わらずあり続ける神社から、本当の日本、本当の日本人の姿を知ることで、私たちの子や孫の世代、その先何百年と続く未来の日本人へ、ずっと続いてきた歴史のバトンを、あなたと一緒に繋いでいけるとしたら、この上ない幸せです。


今すぐこのページの一番下にあるボタンをクリックして、お申し込みください。

あなたのご参加をお待ちしています。

会社概要 | 特定商取引法上の表記 | プライバシーポリシー | ダイレクト出版株式会社 サポート


掲載の情報・画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。

大阪府大阪市中央区安土町2丁目3-13大阪国際ビルディング13F

Copyright 2022 ダイレクト出版株式会社. All Rights Reserved.